​はまぐり日記

March 1, 2019

国立美術館も博物館も、キュレーターがいて各館の収蔵品の価値を

伝える役割を担っています。

実はこの人達が専門的知識を生かして働ける場が大事だと思うのですが、

日本はどうやらここを支える環境が厳しいようです。

資金調達や、運営、コーディネーション、広報などの人材をきちんと揃えるのも大事なこと。

国の税金も大事だけど、どうも寄付の文化が根付かない日本では寄付金も少ないようです。

実は各博物館や美術館では寄付を受け付けていて、寄付金は税金控除の対象となります。

気に入ったミュージアムがあったら寄付をしてみてはいかがでしょう。

1年間で5口(5,000円)...

February 21, 2019

シンクタンクの仕事はそれはそれで面白い仕事でした。

でもイラストの仕事をやり始めた私は最初、それ一本で生活できることが

成功だと思っていました。

だからシンクタンク後に勤めたコンサルティング会社でもその気持ちのくすぶりは

消えませんでした。そこで1年9カ月勤めた後、契約更新とならなかったので

イラスト一本でやっていく準備もままならないままフリーランスになりました。

イラストレーターです、と言ってそれだけが収入源ではないと知ると

なんだ副業なんだね、という人もいる。プロではないという人もいます。

その人その人の定義があるのでしょうが、大企業に勤めてい...

February 19, 2019

今日は時間がかかりまくってしまいましたー!

言葉を使ってキャリアを積み上げることを決めた20代後半。

通訳学校も1年くらい通いましたが、通訳になるにしても専門分野や強みが必要。

金融経済が一番ニーズが高いのはわかっていましたが、どうも苦手意識が強い。

そんな中で通訳教材として出てきたのが、「環境金融」という言葉でした。

温暖化が叫ばれていた当時、環境に配慮した企業への融資などが

日本でもちらほら出てきた時代です。

環境から入って、企業の社会貢献活動、CSR、サステナビリティへと関心が深まり

2010年頃から地域活動にも時間を割くようになっていきまし...

February 18, 2019

お世話になっているファイナンシャルプランナーで著者の素敵な女性が

書いていたことなんですが、最近よく思い出します。

「自分の機嫌は自分で取る」

誰かと話しているうちに機嫌を損ねることがあってもそれは仕方ない。

でもそこからどうやって持ち直すか。

持ち直すまでにぐずぐず時間を無駄にしていたらそれこそモッタイナイ。

自分のための時間をより豊かにしたいなら、

あの人がこう言ったから気分が悪いんだー!カーッてなるよりも

さっさと前向きに動いた方がいいに決まってます。

ま、なかなか気持ちが切りかえられなくて大変な時もありますが、

自分の機嫌が直りやすい方法ってい...