はまぐりになるまで③

名前すら覚えていない当時28歳くらいだった男性。

ただ絵を学ぶためにスペインに来たのでほとんど授業に出席せず、

友達も作らなかったその男性にちょっと腹が立った記憶があります。

私が真剣に学びに来ているそのコースに、彼は滞在根拠のためだけに籍を置くのかと。

二十年以上経った今、私はよく彼のことを思い出します。

28歳で退路を絶って絵に人生を賭けたその人は今どうしているのだろう。

そして腹が立っていたあの頃の自分はきっとその人のことが羨ましかったのだなぁとつくづく思うのです。

#自分史 #芸術 #好きなこと

Featured Posts