パンはどこへ消えた

似たようなタイトルの本が19年前に出ていましたが、それとは関係なく。

いや、関係あるかもしれません。

この二日間、消えた二枚のパンばかりが頭にチラつきます。

パンが戻ってくるかもしれないと無駄な期待をかけるはまぐり。

胃袋に知らぬ間に入ったかもしれない二枚のパン。

全く記憶にございません。。。大丈夫かしら、ワタクシ。

そろそろ何度も同じところを探すような無駄な時間を手放して、新しいパンを得るために進まなければ!


Featured Posts